投資マンションを購入する際の注意点|富を得るには

男性女性

賃貸住宅の家賃

つみき

家賃の支払い

不動産投資を行なう場合、賃貸管理を行ったり、入居者を増やしたりしなければなりません。貸している物件の数が少なければ、オーナーだけで管理が行えますが、団地やアパートを経営すると仕事が増えているため、オーナー一人だけでは仕事が回らない場合があります。そのような時に利用したいのが、家賃債務保証と言われるサービスです。一般的に家賃債務保証と言えば、家賃の支払いが遅れた時に代わりに家賃を支払ってもらい、後から返済する入居者向けのサービスが知られています。それとは別に、オーナー向けのサービスがあるのです。家賃の未払いがあった時に代わりに支払ってくれるサービスで、家賃滞納トラブルなどを軽減させるものです。これを利用することによって、オーナーは滞納のリスクを無くせるため、安定した収入を得られるようになります。このような家賃債務保証には、建物の維持・管理も含まれているため、修繕が必要になった時も保証が適用されます。入居者が退去した後も、ハウスクリーニングや鍵交換などを行なってくれるため、便利だと言われています。家賃債務保証は利用できる物件が決められているイメージがありますが、事務所や駐車場、トランクルームなどを含む賃貸物件なら、どんな物件でも利用できます。そのため、不動産を経営するほとんどのオーナーがこの家賃債務保証に加入しています。これは申し込み用の書類を必要書類などと一緒に送った後、審査に通れば加入できるので、まだ家賃債務保証を利用していない場合は加入を検討してみると良いでしょう。