投資マンションを購入する際の注意点|富を得るには

男性女性

管理会社との契約

住宅模型

サブリース契約と一般管理

賃貸管理を管理会社に委託する場合の契約には、サブリース契約か一般管理契約があります。二つともメリットとデメリットがあるので、良く理解した上で選択するべきです。一般管理契約では管理業務を代わりに行ってもらい、家賃収入の一部を手数料として支払います。サブリース契約と比べると満室状態を長く保てれば多くの利益を出せます。しかし空室が増えた場合のリスクは高いので、入居率が下がった時のリスクは大きいです。特にローンを組んで物件を購入している場合は、ある程度の家賃収入を得られる事を前提に支払い計画を立てていると、ローンの支払い自体が難しくなるので注意が必要です。サブリース契約は、一般管理と違って管理会社が借り上げる形で管理します。賃料は家賃収入の一部を管理会社が受け取るのではなく、契約時に管理会社がオーナーに支払う賃料を決定して一定の賃料がオーナーに支払われます。その為空室率が上がろうと下がろうとオーナーが受け取る賃料は一定です。ローンを組んでその支払いを家賃収入から支払う計画を立てる場合は、安定した収入を得られるのです。また、賃貸管理を代わりに行ってもらえるだけでなく、ローンの支払いができなくなるリスクを軽減できます。サブリース契約でも一般管理契約でも、条件が管理会社によって変わってきます。その為賃貸管理を任せる時は、複数の管理会社を比較して選ぶと良いです。賃貸管理の契約時はその内容もしっかり把握した上でするべきです。